What's Cooking?

アメリカ南部の台所にて

青トマトのフライ *Fried Green Tomato*

 Fried Tomat  Grits 2




「フライドグリーントマト」と言う映画がありましたね。私が見たのは、20年くらい前。熟れていないまだ青いトマトのフライなんておもしろそう、と思い、アメリカに来てから市場で見かけると買ってみては作っていたんです。本当はちゃんとレストランとかでどんな味なのかを食べてみるべきだったんだけど、私が住み出したのは、NY。フライドグリーントマトなんてありません。あくまで南部の食べ物ですから。
作る度に夫は、「何か違うんだよね〜」と不満そう。それでも私は美味しく頂いていたんだけど、最近になって、ネットでレシピを模索して作ったら、夫も大満足の、私も、これは全然美味しい、と思える結果の、フライドグリーントマトが出来ました。

*青いトマトのフライ*
1cmの厚さにスライスした青いトマト
コーンミール 1カップ
塩、胡椒適量
パプリカの粉 小さじ1/2
溶き卵に牛乳大さじ2を加えたもの
オリーブオイル カップ1/2

コーンミールと塩こしょう、パプリカの粉をボウルに混ぜます。
トマトを一度コーンミールに絡め、溶き卵に漬け、またコーンミールに絡めます。
熱した油で両面3分づつ焼いて出来上がり。

コーンミール使うのが、ミソだったようです。前は小麦粉とかでやってたから、駄目だったんだね。そして、卵を絡めて2度付けると奇麗にコーティングされるのも必要なんですね。



Green Tomato x2 


このフライ、何か最近病み付きになっていて、旅行前からよく作っているのですが。
私たちの住む街は、観光客なんて来ないような大学とメディカルセンターがメインの街。だからレストランも普通に住んでいる皆が食べたいようなお店が並んでいます。(いえね、それを私が食べたくなるかというと、それは多いに疑問が残るんだけどね。)でも、この間行ったアッシュビルは、日本では全然知られていないけど、ま、アメリカでだってそんなに有名ではないけど、観光客もいっぱい来る街。多分、観光で違う土地から来た人たちは、南部料理を食べてみたいって思うんでしょうね。レストランには南部のお料理も結構ありました。家の辺より、全然多いです。
とても気に入ってしまったのが、南部料理をもっとモダンでヘルシーにしたカフェレストラン。


Cafe Breakfast 


こんな朝食を頂きました。これは、アメリカのダイナーでよく見るエッグスベネディクトの南部バージョン。エッグスベネディクトは、イングリッシュマフィンの上にカナディアンベーコンがのって、その上にポーチドエッグ、そしてレモンとバターと卵の黄身で作られたちょっと酸っぱいオランデーズソースがかかっている、お料理。私も大好き。でも、これは、ビスケットの上にカントリーハム、そしてポーチドエッグとオランデーズソースです。
これがとっても美味しかったです。そして、その奥の小さなボウルに入っているのは、グリッツという、トウモロコシの荒い粉を煮込んだ食べ物です。南部版、ポレンタと言って良いでしょう。
それで、グリッツも久しぶりに食べて、かなり気に入ってしまったし、夫も大好きなので買って帰りました。白いグリッツを買っているつもりで黄色いのを買ってしまったんですけどね。(また
ういう間違い。。。。情けないわ)
で、フライドグリーントマトとグリッツで朝ご飯。グリッツはシンプルにバターとちょこっとクリームとお塩の味付け。レストランでは山羊のチーズも入っていたけど。(普通の南部の人はそんな事しません。チェダーチーズとかだったら入れるかも知れないけど。お洒落な南部料理のお店だから、特別です。)
クリーミーなグリッツとちょっとすっぱい青いトマトのフライがとってもいいコンビネーションでした。
レストランのメニューでこのトマトのフライでBLTサンドウィッチっていうのもあって、それも美味しそうだなあと。今度やってみなくっちゃ。



Fried Tomato  Grits 1 


ところで今日(28日月曜日)は娘の誕生日。本当は昨日、義父の家でのディナーの後にバースデーケーキを持って行って、みんなでお祝いしようと思ったんだけど。。。。夫も私も風邪でダウン。残念ながら、ケーキは作れないわ、ディナーにも行かれないで、ベッドでごろごろと。
でもね、そしたら、義弟から電話で、娘だけ迎えに来てくれるって。夕食に大した物がでない家にいるよりは、ラムチョップのあるグランパの家に娘は嬉々としてロスコーと一緒に行ってきました。ラムを頂いてにこにこで送り届けてもらった娘と犬。夫が、「で、皆バースデーソング歌ってくれた?」と聞くと、「全然!!だってグランパなんて私の誕生日5月25日だって思ってたんだって〜」だと。お誕生日のお祝いをしてくれる為に娘だけ呼んでくれたのかと、私も夫も思っていましたよ。ただ単にラムチョップが余りそうだったからなのね。。。。ま、いいけど。娘も「グランパはしようがないな〜。しかもミミ(夫の母)は私の誕生日は29日って思っているしね。ダディもママの誕生日と混ざっているし。」と笑っていました。
はい、ちゃんと日付を覚えているのは真面目な日本人の家族だけなんですよ。で、今日、真面目な私はケーキを作りました。セルクルでチョコムースのケーキを作って、今、冷蔵庫に入っています。奇麗に抜けたら、アップしますね〜。






にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
  1. 2011/03/28(月) 13:44:40|
  2. *Southern Cooking*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:15

卵のピクルス *Pickled Eggs*


Pickled Egg Jar



小旅行から帰ってきました。アメリカで旅行をしていて問題になるのが、食事。量が多いんです。そしてしつこいの。だから3食しっかり食べるのは難しいかな。。。でも、食いしん坊の私たちは、なるべく色々食べてみたいと思う訳で。ある1日は大規模なファーマーズマーケットに午前中に行ったのでそこに売っている物で簡単な朝食にして、ランチにタイ料理を食べよう、と言う事に。。。。
この屋内でも催されているファーマーズマーケットは、観光シーズンじゃなくても1年中開いているのだけど、絶対もうちょっと暖かくなった方が色々面白い物が出てきそう。色んな瓶詰めが売っているコーナーにまず引きつけられちゃいました。色んな種類のジャムがあって。。。。ブルーベリー、ブラックベリー、いちご、桃、アップルバター、その他にもピクルスをはじめとする色んな漬け物や、ホットソースやバーベキューソースも。
そんな中からじっくり瓶詰めを選んでいる私の所に娘が持って来たのが、これ。卵のピクルス。
卵のピクルスは、北部では見た事ありません。でも、4−5年前に義父の家に遊びに来たときに、義弟が娘を近所の友達の家に連れて行って、そこで何故か卵のピクルスを頂いたのだそう。それで、酸っぱい物大好きの娘は気に入ってしまったの。でも、もちろん、そんな不思議な食べ物は私も作る気にならず。。。北部では売っていないからすっかり忘れていたのだけど。
普通はビーツのジュースやビーツそのものも一緒に漬けて、ピンク色を出すようなのですが、これは人口着色料。だから、ほとんどネオンピンクなの。食べ物だと思わなければ、フォトジェニックとも言えるかな?
使われているお酢はワインビネガーとかじゃなくって、蒸留酢なので、かなり酸っぱいです。胃が弱いときに食べたら胸焼けしそうな、くらいにね。



Pckled Egg 


いっぱい瓶詰めやらハムやらアーミッシュのバター(900gで7ドル50!!)などを買い込んで。。。。
買ったお野菜の中のトマトを洗って、卵のピクルスを開けて、あと、マーケットの端っこで見つけたクロワッサンで、朝ご飯。クロワッサンを売っていたのはフランスのおじさん。私が売られているペイストリーを見ていると、「やあ!ぼくはフレンチガイなんだ。フランス人はなんでも美味しく作るの知っているだろう〜?だからこのパンも美味しいよー」とフランス訛りたっぷりの英語で話しかけて来たの。何か可笑しかった。こんなアパラチア山脈の田舎でフレンチガイに会えるなんてね。



NC Farmers market 

今回の旅行で行ったのはアッシュビル(ノースカロライナ)。ここはアパラチア山脈のマンハッタンとも呼ばれているのらしいです。NYや東京に慣れている私でも、美味しそうでお洒落だなって思うレストラン達や、可愛いお店が結構あるなあって思えるくらい、ある意味、都会的。でも、南部のゆっくりな感じや、人々のフレンドリーさ、それに特有の食文化も都会の感じに混ざりあっていて、それがとっても素敵なの。
今回本当に短い旅行だったけど、その間にいくつか面白そうな食べ物の発見もありました。中には知っていたけど作ってみようとは思わなかった物とか、本当に今まで聞いた事のなかった食べ物も。。。おりおり書いていきますね。



そして、今回嬉しかったのが桜。


Sakura.jpg 


一番好きな花ってやっぱり桜かなあ。。。ピンク色は好きだし、あんまりこう、大げさじゃない感じも好き。それに日本で育った私には春って新しい年度の始まり、みたいな希望に満ちた空気が感じられて、そういうのが全部重なって、桜が好きなのかな。
家の周りでもちらほら咲いているのを見かけます。なんで家の敷地にはないんだろーってかなり悔しかったりするの、本音はね。しだれ桜のあるお家とかも2軒先にあって、とっても羨ましい〜。
ま、バンダービルトの大きなお屋敷のある敷地で奇麗に咲いているのを楽しめたから、よしとしましょう。






にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ





  1. 2011/03/25(金) 17:59:17|
  2. *Southern Cooking*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:6

ノースカロライナバーベキュー *North Carolina BBQ*


pulled pork



ただいま旅行中です。山を越えてノースカロライナに来ました。初日のお昼は、ノールカロライナのバーベキューを食べましたよ。リブのバーベキューではなくって、固まりの豚肉を裂いて出してくれるの。バーベキューというとケチャップみたいなソースで頂くというイメージがあったんだけど、ノースカロライナBBQはビネガーがベースのソースなんですって。ちょっと青唐辛子の効いているソースで、普通のBBQソースよりさっぱりしていて食べやすかったです。あ、写真の右に写っているのはフレンチフライ用のケチャップです。

初日はバンダービルト家の大きなお屋敷に行きました。土地の中にワイナリーまであるの。昨日今日はとても暖かく、南部の花、マグノリアが奇麗に咲き誇っていました。マグノリアってモクレンなんですね。今、ウィキペディアで調べて知りました。


IMG_1539.jpg 

ピンクがとっても奇麗です。いいお天気で本当に良かった!!







にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ



  1. 2011/03/23(水) 17:16:42|
  2. *Southern Cooking*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:15

ビスケット *Biscuits*

biscuits 2-26  


土曜日の朝ご飯には南部の朝食を食べたいと夫が言い出して、しぶしぶながらまた作ったのですね。なんて優しい妻なんでしょう。ぷぷぷ。
ソーセージは前の晩に豚ひき肉にスパイスを混ぜておいて、朝起きたらビスケットを焼いて、ソーセージを焼いて、卵を焼いて、ソーセージグレービーを作って、娘はソーセージは好きじゃないのでお肉を焼いて、写真まで撮って、その上全部ほかほかでテーブルに出そうって言うんだから、これは戦争でした。
でも、今日のビスケットは大成功!ちゃんとさくさく、ふんわり。今まで、ビスケットって自分が作ったのでも人が作ったのでも美味しいって思わなかったんだけど、初めて美味しいと思いました。
ビスケットもコーンブレッド同様、北に行くと甘くなります。南部ではお食事パンって感じなので、甘いのは許せん、と夫は申しています。でもね、今回はビスケット嫌いの娘にも食べやすいようにほんのちょっとお砂糖を入れたのです。小さじ一杯ね。そうしたら、普通に食べたら甘い、とは思わないものの、やっぱり優しい甘みが加わって、美味しかったの。これからはこっそり入れようっと。
娘も初めて、美味しいっておかわりしてましたから。やっぱり皆が楽しんでくれる食事は作りがいがあるのですね。頑張って、もっと美味しく作れるようになろうって思える。夫の大好きなビスケット、娘も自分も好きになれたおかげで、これから頑張る気力が湧いてきました!
しかし。ソーセージ&グレービーは、食べれば食べる程、朝っぱらからこんなの食ってられるか!と言う気になります。豚ひき肉ってただでさえしつこいのに、そこにアジア料理みたいに酸味が加わると美味しいけど、酸味どころか、ベシャメルですよ?クリーミーを加えるんだから、困り者です。これをマスターしようっていう意欲はどうも湧きそうにありません。当分作りたくないぞおって言うのが、本音。



Breakfast.jpg 



夫のプレートです。私は卵1口、グレービー2口、ビスケットにはジャム付けて食べちゃった。日本のケンタでメープルシロップが付いてくるのは許せないくせに、朝食でジャム付けるのはいいんだって〜。よくわからん。多分、フライドチキンと食べる時は甘くするなって事なのかな?


で、こんなにどっちゃり食べた夫はお昼もお腹が減らず。。。娘は残りのビスケット(いくつ食べる気?)やアボカドやブルーチーズをちょこちょこつまんでお腹がいっぱいになったらしく、土曜日なのに、一人ランチ。




Saspi.jpg 


昨日サスピさんの所で見た、じゃがいもとツナとトマトのサラダを作らせて頂きました。これ、見たとたん、何で今まで考えなかったんだろうって衝撃が走る程、自分の好みだったから。。。赤玉ねぎとパセリの残りも入れてみましたよ。美味しかったです!これからはしょっちゅう作っちゃうかも!サスピさん、素敵なレシピありがとうございます。
横に付いてるのはルビーグレープフルーツを葉っぱにのっけて、リダクションの残りをかけたもの。リダクション、いっぱい余っているので使おうと必死ですなのです。私っていっつも残り物の話ばかりしてますね。







にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

  1. 2011/02/26(土) 17:39:50|
  2. *Southern Cooking*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:10

南部風コーンブレッド *Southern Style Cornbread*


Cornbread 1



コーンブレッドと言ったら、ビスケットと並ぶ南部の食事にはかかせないものです。うちではそういう感じの南部料理はする訳じゃないのですが、やっぱり夫はコーンブレッドもビスケットも大好き。でも、北部に住んでいるときはたまあに言うことはあってもそんなに食べたいとか言わなかったのですが、故郷に帰ってきたとたん、スイッチが入ったかのように、食べたいのらしい。。。グルテンアレルギーって訳じゃなくても、グルテンに弱い人って多いみたいで、テストとかした訳ではないけれど、夫はグルテンの摂取量が少なければ少ない方がいいみたいです。ビスケットはともかく、コーンブレッドはコーンミールしか使わないので、グルテンなしの食事には合っています。あ、でも、レシピによっては、コーンミールと小麦粉半々に使ったりするのもありますよ。それから、特記したいのがお砂糖。北部とかで売られているコーンブレッドは砂糖が入っていて、口当たりが甘いのです。(そして絶対小麦粉も入っていると思う)私はそれはそれで、コーンマフィンみたいな感じで好きなんだけれど、夫は、それは邪道だ!と。個人的には甘いコーンブレッドと辛いチリの組み合わせ、好きなんですけどね。
でも、コーンミールだけのコーンブレッドはとっても素朴な味。それもなかなかいいですよ。



Cornbread2.jpg 


*南部風コーンブレッド*
20cmのキャストアイロンの鍋(ストウブでもルクでも代用できると思います)
卵 1個
コーンミール 120g
塩 1つまみ
ベーキングソーダ 小さじ1/4
バターミルク 100ml
バター20g

オーブンにパンを入れて、205度に暖めます。
暖めている間に、卵を軽く混ぜ、そこにコーンミール、塩、ベーキングソーダ、バターミルクを入れて混ぜ合わせます。
オーブンが205度になったら、さっとパンを出して、バターを落として溶かします。溶かすときに回しながら底と側面をまんべんなくコーティングして、残りのバターは生地の中に入れ、ささっと混ぜちゃいます。(さめないように手早く行動します)
オーブンに戻して、18分ほど焼いて、焼き具合を確かめてください。

バターミルクが手に入らないときは、普通の牛乳と、プレーンヨーグルトを混ぜて使ってください。バターミルクの方がふっくら感が出るのですが、そんなに違いません。



Cornbread3.jpg 

残念ながら娘は、これ苦手なんですよ。多分、コーンミールのぼそぼそ感が嫌なんじゃないかな。
熱くなったキャストアイロンのパンで焼くので、外はかりかり、中はふっくら。この手法でパンケーキを焼いたら美味しいのでは、と思ってまだやっていません。



ところで、この間の
リダクション、かなり余っているので、お昼のサラダに使いました。


Salad w:Balsamid R 


ルッコラとベイビースピナッチにチェリートマトとブラッドオレンジを乗せて、エメンタールを小さく切って。(あるもの積んだだけ)リダクションは酸味が少ないので、今日はサラダに直接、オリーブオイルと塩こしょうをかけて、レモンを絞りかけました。その後、仕上げにスプーンで回しかけました。美味しかったですよ。







にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

  1. 2011/02/23(水) 21:41:37|
  2. *Southern Cooking*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:18
Next page