What's Cooking?

アメリカ南部の台所にて

ストロベリージャム *Strawberry Jam*


 IMG_4394 (533x800)


すごく久しぶりの更新です。後期は1つ授業を増やしたら、かなり忙しくてPCに向かうのもペーパー書くためか、リサーチのためがほとんど。ブログどころではなかったです。でも、無事終わって、一息ついています。

週末はハーブを買いに、ハーブフェスティバルへ。バジル、パクチー、タイのバジル、ミントなどなど。トマトもいくつか仕入れてきました。いちごがバケツいっぱいで売られていたので、ついあてもないのに買ってしまった。夜にデザートにアイスクリームを作って、消費。まだまだ山のようにあったので、ジャムに挑戦。
前にストロベリーソースは作って瓶詰めにした事があったけれど、ジャムは初めて。でも、何とか形になりました!ちょっと甘すぎたかな~。


Strawberry jam 2 (534x800)
 

買ったジャムより赤いみたい。これに味をしめて色々作りたい気持ち。。。ストロベリーとグレープフルーツのジャムも作ってみました。ちょっとワイン入り。グレープフルーツの苦味が出て、大人の味かな。マーマレードが好きな人は喜びそう。ブリーなんかにつけて食べたらおいしいかなあと思います。

ハーブフェスティバルに行く前にビルトモアの庭園を見てきました。バラが咲いているというので。北部ではばらは6月に入ってからだった気がするけど。。。もう茶色くなっているのもあって、今週末が最後って感じでした。


Rose Garden

ほかにも色々な花が満開。春はやっぱりいいですねー。北部に比べてもっと色んな花や植物がある気がします。鳥もいっぱいだし。。。お庭で夕方ワインを飲みながらぼーっとするのがとっても気持ちいいです。学校があったらそんな事はやっていられないけど、終わったので、贅沢を楽しんでいます。


Flowers May

  1. 2012/05/09(水) 21:00:58|
  2. *Sauce/Dressing*
  3. | Trackbacks:0

ルッコラとくるみのソース *Arugula and Walnut Pesto*

Arugula Soba



今日は土曜日ですが、娘は雪で学校が休みになった分を取り戻す為に学校が今日はオープン。で、学校に行きました。でも、全然しぶしぶ、ではなく、喜んで。最近好きな男の子と上手く行きそうなのらしいです。いいね〜。青春だー!!
今日は私は家でゆっくり色々焼いたりしようと思っていたのに、夫が突然、「ペットシェルターに行こう!」と言い出しまして。ずっと犬が欲しいって言ってた夫。北部ではコンドミニアムに住んでいたので、場所が狭く、すでに猫がいたし、それはちょっと無理でした。で、こっちに引っ越してきてから、じゃあ、春になったらね、って言っていたんですね。でも、今日、シェルターのホームページを見ていたら、よさそうな子犬が出ていたらしく、今日、行かなければ!という使命感にかられてしまったのですね。
猫2匹、両方ともそんな感じで家に来ました。決して、今週末に見に行こうね、とかじゃなくって、突然、彼が貰いに行くぞ、って言い出すの。これが普段から突発的に行動するタイプの人だったら、わかるんだけど、夫は食事に行くのでさえ、1週間前くらいからどこに行く、って決まっていないと落ち着かないタイプ。突然の誘いに乗る事もほとんどなし。なのに、何でしょうね、動物的カンが働くのかなあ。猫2匹とも夫が選んだんだけど、とっても良い猫たちだったし、何かあるんでしょうね、動物のオーラが。
で、この犬、っていうのがいたんですけど、お家に来るのは2日後。避妊手術をお医者さんでしてもらってから引き渡しなんだって。オーストラリアンシェパードと何かのミックス、みたいです。牧羊犬は頭が良くて、いっぱい運動するのが好きで、いっぱい遊んであげないといけないんだって。そして働くのが好きだとか。。。家の猫たちを放牧させようかしらん。牧猫犬に育てられるよう頑張ります。



Arugula and Walnuts



お昼ご飯は軽く済ませようという事で、ルッコラとクルミでお蕎麦をあえるソースを作ってみました。
ルッコラとくるみはよく白米ではないご飯に混ぜて食べる組み合わせです。だから美味しいかなと思って。
ルッコラ、くるみ、オリーブオイル、黒酢、黒砂糖ちょっと、お醤油で作ってみたんだけど。。。ルッコラが多すぎたのかなあ、青汁ですかーみたいな?って青汁は飲んだ事ないんだけど、とっても「葉っぱ!!」って味になってしまいました。。。でも、お蕎麦と和えて、くるみを砕いてのせたら、まあ、健康的なお味で食べれましたけどね。かなり改良の余地あり。


猫たちはあと2日で人生が大変化するとは知らずに今日は工事もないので、のんびりだらだらしています。



My Beautiful Cats Sm 



夫も娘も興奮状態です。私は。。。実際動物を小さい頃飼っていた訳じゃないので、あんまり動物大好きって訳じゃないんだけど、猫が来たら猫が大好きになった様に、今度は犬が可愛いって思う様になるんだろうなあ。猫たちの人生だけじゃなくて、私の人生にとっても大きな変化になりそうです。







にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
  1. 2011/03/05(土) 19:02:29|
  2. *Sauce/Dressing*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

ワカモレ *Guacamole*

Guacamole.jpg 



本日こちらはまだ3日ですので、おひな祭りの筈だけど、家のおひな様たちは行方不明。(ってたいして探してもいないけど)娘には、「今日は日本ではガールズデイだよー。Happy Girl's Day!!」とだけ言っておきました。何も特別な事はないのに、喜んでましたよ。
今回ひな祭りに全然力が入っていないのは、今晩どうせ私はいないから。フランス菓子の一日講座に行く予定なのです。アメリカはアパラチアのふもとで、フランス菓子っていうのはどういう事になるかわかりませんが、行ってみます。
そんな訳で、今日の夕飯はシチューでも作っておこうか、と夫に聞いたらば、娘とふたりで作るよ、との事。だから、タコスのキット買っておいてねーと。ま、あれなら汚れ物もあんまり出ないし、簡単だし、いいのではないでしょうか。トッピングと称して野菜も結構食べられるしね。
そんな訳で私はトッピングとして使えるけど、夫も娘も絶対に面倒で作る筈のないワカモレだけ用意して行く事にしました。



Guacamole x2 



*ワカモレ*
アボカド 2個
玉ねぎ(小) 1/3個
パクチー 1掴み
にんにく 1かけ
ライムの絞り汁 1/2〜1/3分 (お好みで調整して下さい)


玉ねぎ、パクチーはみじん切りに。
にんにくはガーリックプレスでつぶします。
すべてをボウルで混ぜて出来上がり。

隠し味は、にんにく。私たちはにんにく大好き家族なので、入れるだけで絶対美味しくなったと思えるのです。にんにく2日以上食べない事ってないなあと思うくらい、にんにく食べてますね。
パクチーはメキシコではシラントロと呼ばれてお料理に使われているので、これも入れちゃいます。チップスのディップとして食べる時はトマトも入れると見た目にも華やかだし、いいですね。タコスの時はトマトはトマトでさいの目に切ってトッピングに使うので、今回は入れていません。



Guacamole Ingre 2 



私は実は結構父親っ子で育ちました。そして、家の娘もDaddy's Girl。自分がそうだったからか、それに対して焼きもちを焼くという感情は全然ないのですね。反対に手が開いて良かった、みたいな。。。ははは。
アメリカではたまに教会やスポーツクラブとかのイベントで、父と娘のダンスパーティーと言うのがあるんですね。父親がドレスアップした娘をダンスにエスコートする、という催し物。10歳くらいの女の子がお洒落してスーツを着たパパと夜のお出かけ、です。わー可愛いな!と思うのですが、家の夫はそういうのは絶対だめ!
彼にとってそういうのは、「歯が浮く」ような事なのですね。そう言えば、私の父は「自分の娘に”ちゃん付け”なんて気持ち悪くて出来るか!」と言っていたっけ。なんか、あの二人って似てるわ。。。
そんな訳で今晩は久しぶりにこうるさいママなしでダディと娘の時間を楽しむのではないでしょうか。








にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ


  1. 2011/03/03(木) 16:10:17|
  2. *Sauce/Dressing*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:7

カラフルドレッシング 2種類 *2 Kinds of Colorful Dressing*


Salad w:2dressing 2




今日は娘の出て行った朝7時前の方が帰って来た午後3時頃より暖かいという変な日でした。おかげで猫たちは娘のダウンジャケットの上で寝れて極楽だったようです。(そういうものは本当はハンガーにかかっているべきなんだけどなあ。。。気づいた時には猫ベッドになっていたので、可哀想でどけれなかった私。)

今日のお昼はヘルシーに行こうと決めていたのです。昨日、コーンブレッドを食べ過ぎたのにタルトまで食べたから。で、サラダ。私、サラダ大好き!毎日まではいかないけど、週に4−5回は食べていると思います。
ドレッシングは絶対買いません。だって、使い切る前に飽きるから。母はイタリアで覚えて来た流儀でいつもオリーブオイル、お酢、塩こしょう、潰したにんにく、のドレッシングを作っていました。と、いうか、直接野菜に振りかけていましたね。それに慣れているので、シンプルなドレッシングが好き。私の小さかった頃はお酢の種類が色々売っていなかったので、母は仕方なく米酢を使っていたけれど、お酢でシンプルなサラダドレッシングって、すごく変わるので、私はいつも4−5種類はビネガー常備しています。その日の気分や主菜に合わせて変えるのです。クリーミーなトマトソースと一緒に食べるなら、甘めのバルサミコとかは避けて、もっとさっぱりした味わいになる、レッドワインビネガー、とかね。バルサミコと言えばここ12−3年ぐらいは安いのがスーパーで買えるようになっていて、そういうの買ってつかっていたのですが、ある時ちょこっとお高めのを買ってみたら、全然味が違うのですねー。やっぱり美味しいビネガー(もちろんオイルも!)だとサラダ食べるのが楽しくて仕方なくなりますね。
でも、今日はちょっと遊びたい気持ちだったのでサラダはシンプルにして、ドレッシングで遊んでみました。




2 Dressings




*紫玉ねぎのドレッシング*
紫玉ねぎ(小) 1/2
オリーブオイル 50ml
レッドワインビネガー 50ml
粒マスタード 大さじ1
塩 小さじ1

玉ねぎは適当に細切りに。
材料をフードプロセッサーにかけて出来上がり。
フードプロセッサーがない場合は玉ねぎをおろし金ですりおろして、他の材料と混ぜて下さい。



Salad w: 2 dressing 1 


*アボカドとパセリのドレッシング*
アボカド 1/2個
パセリ 片手にぎゅうっとつかめるくらい
オリーブオイル 30ml
レモン汁 1個分
ホワイトバルサミコビネガー 30ml
(なければ普通のホワイトワインビネガーで)
塩 小さじ1
こしょう お好みで


アボガドはさいの目に切っておく。
パセリは荒いみじん切りに。
材料を全部フードプロセッサーにかける。
フードプロセッサーがない場合はパセリを細かいみじん切りにしてアボカドを潰しながら手で混ぜます。
パセリじゃなくてもバジルでも美味しいです。(パクチーでも美味しいかもしれませんねえ。今度やってみようっと。)



2 Dressings 2 

この2つのドレッシングは娘のお気に入り。このどっちがを作るとサラダもりもり食べてくれます。普段2種類いっぺんには作りませんが、2ついっぺんに並べるともっと華やかですね。
そうそう、紫玉ねぎのドレッシング、家で使っているのは濃厚なエクストラヴァージンオリーブオイルなので、かなり黄色が強くてオレンジ色気味になっちゃいますが、もっと黄みが少ないオイルだと色がもっとピンク系になるかもしれませんね。
ドレッシングを多めに作る時は食卓に瓶に入れてスプーンを指して並べちゃいます。ご自分でおかけください、状態。そうすれば、使わなかった分はふたをして冷蔵庫へしまえるというモノグサな考え。ポンヌママンの瓶とかだったらちょっと可愛いですよね。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
  1. 2011/02/02(水) 20:26:00|
  2. *Sauce/Dressing*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:6

アンチョビとパセリのグリーンソース *Salsa Verde-Green Sauce*

サルサヴェルデ  



さっぱりしていて、色んな物に使えるサルサヴェルデ。家では直訳でグリーンソースと呼ばれています。一番よく使っていた方法は、子牛のタンのボイルに添えて。子牛のタンは、牛タンよりずっと柔らかくて、とっても美味しいのです。が、見つけるのが難しいのですね。NYの周辺でも、ブロンクスのイタリア人街や、ニュージャージーの韓国のお店でもしあれば買う、って感じでした。そう、買う時は丸ごと、です。「牛の舌一本」って感じ。(あれ?舌は一枚かしら。。。でも、あの形状はどう見ても、一本って感じなんだけど。)
しかし、私の今住む田舎町ではもちろん見当たらない。。。田舎のアメリカ人ってあんまり好んでタンとか食べないんですよね。レバーは食べるのに。でも、この間行ったうちの州でも3番目に大きいという街、(と言ってもナッッシュビルやメンフィスみたいに有名ではないんだけど)にある中国のお店で、牛タンがまるごと売っていたので買いました。でもね、やっぱり子牛とは違うのでした。
サルサヴェルデはいつも多めに作って、残りはパスタに絡めて食べます。これがかなり美味しいのです。娘のお気に入りのランチメニューです。(にんにく臭いのでは、って気もするけど、本人気にしていませんねえ。)今回、茹でてスライスしたポテトに絡めたら、これも大正解でした。ニョッキでもきっとおいしいと思います。

*サルサヴェルデ*
パセリの葉っぱ お茶碗一杯ぎゅうぎゅうで
にんにく 3かけ
ケッパー 大さじ2
アンチョビ 一缶
玉ねぎ(小) 一個
レモン汁 一個分
エクストラヴァージンオリーブオイル おちょこ2杯分くらい
塩、こしょう 適量

<前日>
パセリはみじん切りに。この時、大きめのコップに入れて、調理用はさみでちょきちょき刻むと楽です。
にんにくはガーリックプレスで絞り出す。ケッパーもみじん切り。
アンチョビは小さく切る。缶のふたを取って、缶の中で調理用はさみで刻むと洗い物が少なくて楽ですね。
玉ねぎはみじん切りにします。
翌日、フードプロセッサーにかけるので、大雑把な切り方で大丈夫です。

すべてをレモン汁、オリーブオイル、塩こしょうと混ぜて、一晩寝かせます。寝かせたら、フードプロセッサーにかけて、出来上がり。

フードプロセッサーがない場合は、出来るだけ全材料小さく切れば大丈夫です。
一度、切る手間を省こうと思って始めから全部フードプロセッサーにかけた事があるのですが、みじん切りの方がうまみ成分がうまく出るみたいで、美味しくなかったのです。それからはいつもちゃんと切っています。



雪の日のランチ1 
次の日のランチのポテトの付け合わせに絡めました。手前は白いビーンズにゴルゴンゾーラチーズを絡めたもの。サラダは、ルッコラ(英語では、Arugula...アルグラと呼びます)のシンプルなサラダ、奥は牛タン。サルサヴェルデはポテトに使ったので、粒マスタードを付けて頂きました。ワインが飲みたくなるランチでした。



  1. 2011/01/21(金) 21:37:41|
  2. *Sauce/Dressing*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0