What's Cooking?

アメリカ南部の台所にて

鶏肉の串焼き *BBQ Chicken*



IMG_4560 (533x800)


夏になりました。外でお肉をグリルする事が多くなった今日この頃。ただ塩コショウしたステーキがとってもおいしいけど、やっぱり漬けておいたお肉の串焼きも捨てがたいです。鶏肉なら安いし。
この日は鶏肉を庭で取れたローズマリーとオレガノ、塩、レモン、にんにく、オリーブオイルで漬けたものをパプリカと玉ねぎと串に通して焼きました。炭火のグリルなので、炭火の味が付いてとっても美味しいです。ガスのグリルを持っている人多いけれど、私たちは絶対炭火派。グリル自体も安いし。
シンプルなマリネはハーブを代えて楽しむのがいいみたい。来年はもっと色んなハーブを育てよう、と夢が広がっています。

さて、夏の初めに1月弱、両親が遊びに来てくれました。一緒に色々な所に訪れて、(田舎ではあるけど)本当に綺麗なで、ピースフルな所に住んでいるのだなあと実感。自然がすごく身近に感じられるって言うか。だんだん自分の中でNYは遠いくなってきています。



Early Summer 12 




毎日朝起きて、犬の散歩に行ってからお庭の水撒き。種から水菜に挑戦してみました。育ってくれているのがとっても嬉しい。。。。



IMG_4565 (640x427) (560x374)



  1. 2012/06/25(月) 10:28:22|
  2. *Main Dish*
  3. | Trackbacks:0

餃子 *Japanese Dumplings*

Gyoza June  

日本ではあまり知られていない街だけれど、北フロリダのジャクソンビルと言う街はフロリダで一番大きい街で、今回初めて知ったんだけど、韓国の人が結構住んでいるらしいのです。私たちも2軒、韓国のレストランに行きました。美味しかった〜。そして、帰る前の日には、アジアのマーケットに行って、色々買い込みましたよ。ホームメイドのキムチ2種類や、アジアな野菜など。韓国の餃子の皮が日本のよりもちもちで美味しいって友達が言っていたので、それも買って、ニラも見つけたので、帰って来てから、餃子を作りました。
ニラと、白菜と、豚ひき肉のシンプルな餃子。久しぶり〜。美味しかった!サイドにはこの間パスタで作ったマンゴーと茄子のヌードルを、ちゃんとお蕎麦で。



Mango Eggplant Soba



炭水化物を減らす為にレタスも入れてみました。やっぱりお蕎麦の方が美味しいかな〜。でも、普通のアメリカ人だったら、パスタの方が食べやすいかもね。日本食に関しては、本当に日本人と同じに扱っていい家の夫は、お蕎麦だから美味しいんじゃないの、って。
そして、日本のお店もあったので、そこでお酒を買って、久しぶりにおいしいお酒で晩酌しました。お酒は男山。
ニラはまだ残っているので、今日はレバニラにする予定!来年はニラも育てたいなあ。


昨日は義弟の結婚式でした。アメリカでは高校の頃の彼氏、彼女をハイスクールスウィートハート、と呼びます。義弟はハイスクールスウィートハートと結婚しました。彼女のお母さんからお付き合いを大反対されていた期間もあったし、義弟が軍隊に入って、イラクへ派遣されて遠距離だった時もあったし。何年か前に義父の家で一緒に住み出して、冬に二人でアパートに移ったばかり。かなり長いお付き合いを経て、ゴールイン。
義弟はかなりぶっきらぼうな質なので、結婚式をする事自体がちょっと信じられなかったんだけど、二人とも、特に奥さんが嬉しそうで、幸せそうで、見ていて、私たちもとっても幸せな気持ちになりました。今も昨日いっぱい撮った写真をMacに取り込んで、見てて嬉しくなっちゃった。これから編集して、本にしてプレゼントしようかな、って思っています。


Wedding.jpg 


式はごく親しい友人と家族だけのシンプルな式でした。普通の結婚式と披露宴の感覚で見たら、ちょっとびっくりしちゃう位砕け過ぎな部分もあったかな。でも、そんなスタイルの方が親しい人たちと喜びを分かち合えて良かったりするんですよね。普段からとってもカジュアルな二人の性格にもあっていたと思うし。式の前まで色々問題が起こりそうな気配がいっぱいあって、夫も義父も(私も。。。)前の夜は眠れないって状態だったんだけど、問題なく上手く行って、ほっとしました。それに幸せそうなふたりが本当に本当に良かったわ〜。
本当におめでとう!!






にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ


  1. 2011/06/15(水) 13:18:01|
  2. *Main Dish*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:18

ポークリブ *Pork Rib*


Pork Rib

フロリダに来る前の日は義父の家でディナーでした。彼がお肉を用意してくれていて、私がサイドディッシュとデザート担当。この日はリブを買ったと言っていたの。リブのときはたいてい市販の甘めのバーベキューソースを注いでスロークッカー(低温で長時間お料理出来る電気釜)で調理しておいてくれるんだけど、今回は家に行ったら、リブがそのまんまキッチンにあった。。。。ので、とっさにその辺のスパイスを混ぜ合わせてリブになすりつけるミックスを作成。それをもみ込んで、1時間くらい置いておきました。お肉はいつも外のバーベキューグリルで夫が焼いてくれます。ちょっと焦げた部分が香ばしくって、美味しいです。
日本人の私はやっぱりケチャップベースの甘くてしつこいバーベキューソースより、さっぱりしたリブの方が好きだな〜。この日は
コールスローと、じゃがいもをさいの目に切って、オリーブオイルとトリュフ入りお塩で合えたものをオーブンで焼いて付け合わせにしました。久しぶりに義弟とその婚約者も来て、わいわいにぎやかな夜でしたよ。


で、フロリダにいます。8時間の運転は思ったより楽でした。お天気が良かったからかな?いつもフロリダに来ると、長くて3日くらいしかいないし、車で15分くらいの所にアウトレットモールがあるし、つい忙しく買い物だーってなっちゃうんだけど、今回は2週間もあるのでゆっくりモードです。(あ、でも昨日、隣町の大きなショッピングモールにあるアップルストアにノートパソコンの部品を買いに行った。。。。だって、家の辺、田舎だから、アップルストアなんてないんだもん。)
一日目は義母のお家の近くに最近出来た和食屋さんへ。「とっても美味しかったのよー。日本人かしら?家族で経営しているの」と連れて行ってくれました。お寿司に餓えていた娘はほくほく。お魚はテネシーやノースカロライナの山の辺と違って新鮮で美味しかったし、お味噌汁もまあまあ。でも、経営しているのは一目で日本人じゃありません。聞いたら、チャイニーズだって。そう、普通のアメリカ人には東洋人の見分けはつきません。昔、今住んでいる町で義父やら義弟やらみんなでジャパニーズレストランへ行ったときも、一目で日本人じゃない人たちが経営していたんだけど、英語で注文する私に、皆、「何で日本語で注文しないの?」って。だって、全然日本人じゃないよ?でも、私の夫以外は皆見分けがつかないのだねー。
今時アメリカで日本食レストランは、大きなおしゃれな町以外は日本人以外の東洋人が経営している事が圧倒的に多いですね。それだけ、日本食がポピュラーになっているって事なんだろうけど。
東洋人の見分けは東洋人以外には難しいみたいだけど、私自身は一番間違われるのは韓国人。これは韓国の人からも、日本の人からも間違われます。何でかって、韓国の人がつたない英語で説明してくれた理由によると、「日本人の顔は細いけど、貴女の顔はでかい」。。。。はい、そうですか。説明してくれてありがとう。

FL 5-31

フロリダの空は広い!!アパラチアのふもとみたいに山も丘もないし、とにかく空の存在感が違います。でも、暑さは今回はそんなに感じていません。北部から来てた時は毎回、とっても暑いって思ったもんだけど。
夏にぴったりなバスケット持って出かけたり、義母のプールで遊んだり、涼しい室内で紅茶を飲みながら新しいクッキングブックを読んだり、義母の猫を追いかけたりしております。

今日は義母が早く仕事から帰ってくるので、パイレーツオブカリビアンを3−Dのアイマックスシアターに見に行く予定です。国内でもかなり大きいスクリーンならしいです。楽しみ〜。






にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ




  1. 2011/06/01(水) 07:51:55|
  2. *Main Dish*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:14

シェパーズパイ *Shepherd's Pie*

Sheperds Pie 2 



 アメリカでは人気のあるレストランがレシピ本を出すって言うのはよくある事だと思います。自分が好きなレストランのレシピの本があったら、買っちゃいますよね。実は私の持っているレシピ本の半分くらいはこのケースかも。
このレシピは、NYはグリニッチビレッジにあるブリティッシュカフェのレシピ本に載っていた物のアレンジです。
このカフェっていうかレストラン、Tea & Sympathy、実は私たちが4年間住んでいたチェルシーのすぐ近く。しかも前を通った事も何度もある筈なのに、知ったのはマンハッタンから引っ越して、ずっと後。NYにはレストランがいっぱいあって、当時は今みたいにネットで色々調べたり出来なかったから、近所のレストランばっかり行っていたのです。ま、お金もなかったしね。でも、6−7年前に義弟とその婚約者が遊びに来た時に、「マンハッタンでイギリス料理を食べたい」と要望が。えーそんなの知らん、と思ったんだけど、私のお友達は旦那さんがイギリス人。電話して聞いてみるとこのカフェを教えてくれました。
小さい店舗で、しかも予約は受け付けていないのでちょっと待ったけれど、お味はすごく美味しかったの。私はラムのクランベリーソースの煮込みにパイが被せてあるものを頼みました。それとマッシュトポテトを食べると最高でした。ただ、店舗が小さいから、隣との間隔も近くて、お茶するくらいにはいいけど、ディナーを楽しむのは、ちょっと辛いかなあというのが私と夫の結論。だからレシピの本があって、大喜び。
その中に載っていた、シェパーズパイ。お店ではビーフで出しているけど、ラムで作っても美味しいとあったので、ラム大好き家族の私たちはラムでやってみたの。そうしたら、すっかり家族の大好物になってしまいました。



Sheperds Pie 



*シェパーズパイ*

マネギ(中) 1個
オリーブオイル 大さじ1
ラムのひき肉 450g (牛肉でも可)
トマト缶 450g
ウースターソース(イギリスの) 大さじ2
オレガノ 小さじ2
塩こしょう 適量
にんじん 3本
冷凍のグリーンピース 1カップ
マッシュトポテト
シャープなチェダーチーズ

タマネギはみじん切りにしてゆっくり炒めます。
飴色になったら、ひき肉を入れてほぐしながら炒めます。
火が一通り通ったら、トマト缶、ウースターソース、オレガノ、塩こしょうを入れて45分くらい煮込みます。
最後の方では蓋を開けて水分を飛ばして下さい。
にんじんは輪切りにして、固ゆでにします。
グリーンピースは熱湯で1分暖めて戻します。
ソースににんじんとグリーンピースを混ぜ込んで、オーブン用のお皿にソースを入れます。
マッシュトポテトでソースを奇麗に覆って、その上にチーズを乗せて、175度のオーブンで3−40分焼いて出来上がり。

手間はかかるけれど、美味しいです。お野菜も、お肉も、じゃがいもも入っているので、これに簡単なサラダがあれば充分ディナーになってしましまいます。
ラムのひき肉がない時は、ラムのステーキを焼いて、みじん切りにして使って下さい。子羊の味が好きだったら、絶対、ビーフよりラムの方が美味しく食べれると思いますよ。





先週は1階のリノベーションの為にお部屋を開けるために整理をずっとしていました。ちょうど、冬服と夏服の入れ替えにもなって一石二鳥。寄付に出す物がいっぱい出ました。今は、フロントドアを開けると突然ベッドがあるという不思議な事になっていますよ。だって他に置くとこがないんだもん〜。



2nd Floor 


でもいっぱいあった本の詰まっていた段ボールは無事開けて、本棚に収まりました。本の形だけを考えながらむちゃくちゃに並べたので、色んなカテゴリーが混ざりまくって不思議な事になっているけど。そして、本棚の隣にスペースがあったので、そこはアート&クラフトエリアに。娘は絵を描いたり、ちまちまクラフトしたりするのが好きなので。私もあの子と同じ年の頃、漫画家になりたかったので、血筋かしら?でも、今回初めて色鉛筆とかマーカーとかクレヨンとかを一緒に整理したらすごい量だと言う事に気づきました。これも、クリスマスやお誕生日の度に、「何がいい?」って聞いてくれる日本の両親に、「お絵描きに使える物がいいかなー」といつも言っていたから、知らぬうちに沢山、集まっていたのですね。。。。幼稚園の1クラス分位、まかなえそうな量です。








にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
  1. 2011/05/16(月) 14:54:29|
  2. *Main Dish*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:16

フライドチキン *Fried Chicken*

Fried Chicken w:Gravy




ペンキ塗り、思っていたよりずっと時間がかかりそうです。今週中にはきっと終わらないね。そっちにかまかけて、お料理の方はいまいち気合いが入っていなく、しかも写真を撮ったりする余裕もなく。。。ペンキ塗ったりとか、そういう仕事があると、何を夕飯に食べるかをちゃんと考えておかないと、夕方になって、とても作る気にならん、ってなる事が多いので、チリを多めに作ったり、ミートソースを作り置いたり。でも、今日は全然計画がなされていないわ。ピザ取ろうか、とか言い出しちゃうかも。

そんな感じなので、これは、2週間前くらいに作ったフライドチキン。フライドチキンは南部のお料理。ケンタッキーも南部の州ですから。家から、ケンタッキーの夫の叔父の家に行く途中に、ケンタの第一号店があるのだそうです。
南部料理には全然興味ないわ〜とか夫には内緒でこっそり思っていた私ですが、アッシュビルでモダンな南部料理に出会って以来、ちょっと興味が湧いて来ちゃったんですね。作ると夫も喜ぶし。
フライドチキンは、バターミルクに一晩つけておいた鶏肉に小麦粉、塩こしょうをまぶしてキャストアイロンのパンで揚げます。漬け込む時に、色々スパイスを混ぜるといいかもしれません。バターミルクに漬ける事で柔らかくなるのだそう。鶏肉をヨーグルトに漬ける、タンドーリチキンと同じ原理ですね。
で、かかっているのは、ミルクグレービー。グレービーは、お肉にかけるソースの事です。感謝祭のターキーとかは焼いたお肉から出た汁で作ります。が、これはミルクで作られています。ようするにベシャメルソースと同じです。バターと小麦粉とミルク、ですから。でもね、私はこれにトリュフ入りののお塩で味付けてみました。どこかにアレンジを加えないと気が済まないのでした。
娘も夫も大喜びで食べました。これと全く同じ作り方で、薄めに切ったステーキを調理するという、チキンフライドステーキ Chicken Fried Steak、と言うお料理もあるのです。今度は牛肉でそれにしてね、と夫。どうしてそういうしつこいものが好きなんでしょうねー。
ま、当分はペンキ塗りで忙しいのでそういう手間がかかって洗い物も大変なお料理は作りません!


ところで、ふと気がついたら、ロスコーが来てもうひと月経ってしまったのですね。来たときは猫と同じサイズだったのに、今見ると猫より全然大きいです。1.7-8倍はあると思われます。抱っこするのがだんだん大変になってきました。この間マックスを持ち上げたら、(家の猫たちは抱っこが大嫌いなの。でも、行っちゃいけない方角へ移行としていたので、ピックアップ。)何これってくらい軽い!!ロスコーの重さに慣れたらば、猫が軽くてびっくりです。



Rosco 4:11 


とにかくよく食べるの。猫2匹分の倍は食べます。その上人間様の残り物まで食べようとするのだから困ったものです。







にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
  1. 2011/04/12(火) 14:18:28|
  2. *Main Dish*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:24
Next page