What's Cooking?

アメリカ南部の台所にて

ゴルゴンゾーラと青リンゴとぽろ葱のオムレツ *Fritata w/Gorgonzola, Granny Smith and Leek*


Gorgonzola Omlet 1



本日のオムレツは、オムレツと言うか、フリッタータもどきです。フリッタータと言うのはイタリアのオムレツみたいな食べ物(らしい)です。アメリカでも、フリッタータというオムレツはクッッキングブックなんかでは結構見ます。レストランでは、都会は知らないけど〜家の辺じゃある訳ないですね。私はあくまでもこっちのお料理の本で見てアレンジしているので、イタリアの本物からみたら、全然違うかもしれませんけどね。
要するに、卵を焼いた所に具を入れてたたむオムレツではなく、具にちょっと泡立てた卵を回しがけて、その形のまま焼く、という物。両面焼かなくてはいけないけど、結構厚みがあるので簡単にひっくり返せないのですね。一度お皿に出してお皿を使ってひっくり返す、とか、同じサイズのフライパンを用意しておいて、それにひっくり返して入れる、とか、オーブンにフライパンごと入れて、上火で表面を焼くとか、仕上げは人それぞれです。私は洗い物を極力抑える為に、オーブンに入れちゃう派。卵をかなり泡立てるとふわふわに仕上がります。そうするとちょっとスフレっぽくもなります。
今日は昨夜のワインがちょっぴり残っていたので、それと合うようなランチにしました。



Gorgonzola Omlet x2 



*ゴルゴンゾーラと青リンゴとぽろ葱のオムレツ*
バター 大さじ1
ぽろ葱 1/2本
青リンゴ 1/4個
ゴルゴンゾーラチーズ 大さじ2
卵 2個
塩 少々

ぽろ葱とリンゴは細かく切っておきます。
卵に塩を入れて、1−2分泡立てておきます。
フライパンにバターを溶かして、葱を炒め、しんなりしたら、リンゴを入れて火が通るまで炒めます。
卵を入れて、ゴルゴンゾーラチーズをまんべんなく散らし、焼きます。
そこが焼けたら、お好みの方法でひっくり返すか、オーブンへ入れて表側にも火を通し、出来上がり。

私はゴルゴンゾーラ大好き!!なので、多分倍くらい入れちゃいました。
付け合わせは、ブロッコリーラブというこれは日本語だと何でしょうね、菜の花みたいなちょっと苦みのある葉っぱをドライクランベリーと炒めたもので。ワインに合うランチの出来上がり〜。朝ご飯の遅かった夫も私が写真撮っていたら、「ランチいらないって言ったけど、美味しそうだからやっぱり食べたーい」とか言い出して、半分こしました。

このオムレツって言うかフリッタータ、キッシュの中身だけみたいな感じです。キッシュは好きだけど、外側は小麦粉が入ると夫が嫌がるので、あんまり作りません。でもね〜あの人、タルトは食べてるよ?って言うか、私が頑張って上達しようと励んでいるスウィーツには小麦粉が多少なりとも入っちゃうから、それを食べる為に、他の物で食べない様にしているんだろうな。
ところで、ポロ葱、Leekって、今日まで日本語ではBORO-NEGIなのだと思い込んでいました。どうりで、日本語変換がうまく行かなかった筈。。。点々とまる、ってコンピューターだと違いが結構判らない時がありますねー。それとも老眼鏡が必要になって来たって事かしら??






にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
  1. 2011/02/27(日) 15:59:23|
  2. *Omelet & Egg Dish*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4
Previous page Next page