What's Cooking?

アメリカ南部の台所にて

生牛乳 *Raw Milk*

Raw Milk 


生牛乳にはずっと興味があったのです。お店で売られている牛乳は政府の基準に基づいて、殺菌されていますが、温度を上げる事で菌を殺している訳で、低温殺菌であっても、やはり本来身体に良いバクテリアも死んでしまうのだそう。でも法律で、生牛乳は、お店では買えません。だけど、ずっとずっと身体にいいのだという話を色んな所で読んで来て。試したいなーと思いつつ、2−3年流れしてしまいました。でも、私の街のファーマーズマーケットに売りに来る様になったので、買ってみました。生牛乳!

値段は普通の牛乳の倍くらいかな?頻繁には買えないですねー。
味はと言うと。。。。私達、普段はヴァージニアの低温殺菌されているけど、昔ながらの牛乳を買っているのです。瓶に入っているの。で、その中にでも脂肪分の高いのを買っているのね。美味しいから。これを始めて飲んだときは、あまりの違いでびっくりでした。でも、それに慣れてしまった今、生牛乳の味は、それと同じ位美味しいって感じでした。(つまり〜普通の牛乳に比べたらよっぽど美味しいって事なんだけど)並べてテストもしたんだけれど、どっちが美味しいっていうのはなく、両方かなり美味しいって感じ。
だけど、これには健康に良いのだ〜。
ちなみに振らないと、脂肪分と分かれてしまうの。

で、面白いのが、生牛乳を売るのは法律で禁止されているのですね。買いたい人がいて、買うのだから、衛生面で危ないかもしれないから、って理由はわからなくもないけれど、売っちゃいけないっていうのは変って思うんだけどね。タバコなんて人体に危害をいっぱい与えるのに買えるんだし。。。
ま、それは置いておいて。
だから、牛乳を買うのではなく、名目上は、牛を共用する為にお金を払うって形なんですよ。

ファーマーズマーケット、5月6月はいまいち〜って思っていたけど、7月過ぎたら、とっても盛り上がっています。トマトの種類だけでもきっと15種類くらい売られているし、しかも安い。パプリカ、茄子、桃、ベリー類、なんでも美味しくって、値段も安い。チーズ屋さんも卵屋さんも植木屋さんもくるようになって。毎週通っていますよ。
で、今日はそこで買ったブレックファストソーセージを焼いて、ビスケットも焼いて、夫の大好きなビスケットサンドウィッチ。


Biscuit 1 


夫にはもっと大きなサイズでビスケットを焼いて作りました。
アメリカ人、何でも大きくするのに、お店で売られているビスケットは10cmくらい。これじゃ大きな男の人にはちょっと少ないんじゃないかなあと思っているんだけど。。。。何でビスケットだけは大きくならないのかが、とっても不思議です。
だから、夫には15cmくらいの型で作ります。


Vegetables.jpg



今日、マーケットで買ったもの。この茄子は日本の茄子とはちょっと違うけど、皮が柔らかくて、細めなので日本のみたいで、好きなの。この他に桃も買いました。それで、8ドルくらいかな。
トマトは今、家で結構豊作なので、ここ2週間くらいは買っていません。その前は買い過ぎなくらい買ってたんだけど。。。


Baby Tomatos 


ニトマト。ブルーベリーくらいの大きさの、本当にミニサイズのトマトです。
あとは大きいのが2つ苗があるので、トマトはかなりまかなえています。









  1. 2011/08/13(土) 15:44:03|
  2. *Dairy*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:5