What's Cooking?

アメリカ南部の台所にて

アンチョビとパセリのグリーンソース *Salsa Verde-Green Sauce*

サルサヴェルデ  



さっぱりしていて、色んな物に使えるサルサヴェルデ。家では直訳でグリーンソースと呼ばれています。一番よく使っていた方法は、子牛のタンのボイルに添えて。子牛のタンは、牛タンよりずっと柔らかくて、とっても美味しいのです。が、見つけるのが難しいのですね。NYの周辺でも、ブロンクスのイタリア人街や、ニュージャージーの韓国のお店でもしあれば買う、って感じでした。そう、買う時は丸ごと、です。「牛の舌一本」って感じ。(あれ?舌は一枚かしら。。。でも、あの形状はどう見ても、一本って感じなんだけど。)
しかし、私の今住む田舎町ではもちろん見当たらない。。。田舎のアメリカ人ってあんまり好んでタンとか食べないんですよね。レバーは食べるのに。でも、この間行ったうちの州でも3番目に大きいという街、(と言ってもナッッシュビルやメンフィスみたいに有名ではないんだけど)にある中国のお店で、牛タンがまるごと売っていたので買いました。でもね、やっぱり子牛とは違うのでした。
サルサヴェルデはいつも多めに作って、残りはパスタに絡めて食べます。これがかなり美味しいのです。娘のお気に入りのランチメニューです。(にんにく臭いのでは、って気もするけど、本人気にしていませんねえ。)今回、茹でてスライスしたポテトに絡めたら、これも大正解でした。ニョッキでもきっとおいしいと思います。

*サルサヴェルデ*
パセリの葉っぱ お茶碗一杯ぎゅうぎゅうで
にんにく 3かけ
ケッパー 大さじ2
アンチョビ 一缶
玉ねぎ(小) 一個
レモン汁 一個分
エクストラヴァージンオリーブオイル おちょこ2杯分くらい
塩、こしょう 適量

<前日>
パセリはみじん切りに。この時、大きめのコップに入れて、調理用はさみでちょきちょき刻むと楽です。
にんにくはガーリックプレスで絞り出す。ケッパーもみじん切り。
アンチョビは小さく切る。缶のふたを取って、缶の中で調理用はさみで刻むと洗い物が少なくて楽ですね。
玉ねぎはみじん切りにします。
翌日、フードプロセッサーにかけるので、大雑把な切り方で大丈夫です。

すべてをレモン汁、オリーブオイル、塩こしょうと混ぜて、一晩寝かせます。寝かせたら、フードプロセッサーにかけて、出来上がり。

フードプロセッサーがない場合は、出来るだけ全材料小さく切れば大丈夫です。
一度、切る手間を省こうと思って始めから全部フードプロセッサーにかけた事があるのですが、みじん切りの方がうまみ成分がうまく出るみたいで、美味しくなかったのです。それからはいつもちゃんと切っています。



雪の日のランチ1 
次の日のランチのポテトの付け合わせに絡めました。手前は白いビーンズにゴルゴンゾーラチーズを絡めたもの。サラダは、ルッコラ(英語では、Arugula...アルグラと呼びます)のシンプルなサラダ、奥は牛タン。サルサヴェルデはポテトに使ったので、粒マスタードを付けて頂きました。ワインが飲みたくなるランチでした。



  1. 2011/01/21(金) 21:37:41|
  2. *Sauce/Dressing*
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
<<イタリア風餃子 *Italian Gyoza* | HOME | アボカドとグレープフルーツのサラダ *Avocado & Grapefruit Salad*>>

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://tsuntsunpie.blog138.fc2.com/tb.php/6-110453d8
Use trackback on this entry.